農業・林業・漁業の求人情報で就職・転職・アルバイト探しを支援

Vol. 02
世界を見据えた一次産業へ

衆議院議員 平将明氏

衆議院議員 平将明氏インタビュー

衆議院議員 平将明氏

ゲスト

衆議院議員 平将明

東京都出身 自由民主党所属。早稲田大学法学部卒。サラリーマン生活を経て、家業である大田青果市場の仲卸『山邦』に入社。3代目として後を継ぎ、1996年社長就任。 2005年、東京都第4選挙区にて初当選し政治家に。経済産業部会長、衆議院決算行政監視委員会理事、経済産業大臣政務官、内閣府副大臣などを歴任。行政改革推進本部 副本部長を務める。

インタビュアー

株式会社 LifeLab 代表取締役 西田裕紀

2006 年に株式会社 LifeLab を設立して以来、農林水産業の人材分野で事業展開。同社の運営する「第一次産業ネット」は農林水産業専門求人サイトとして国内最大級まで成長。「未来の農業をつくる」という理念のもと、今後もより一層農林水産業界への貢献度を高める。

日本の農業の今後向かうべき方向

本日は宜しくお願い致します。日本の農業の近年の動きや課題、そして今後向かうべき方向、その辺りについて政治とビジネスの両方の観点を絡めてお話を伺いたいと思います。

本質的には「農地の流動化」と「担い手の多様化」ですよね。これらに関しては政治も国家戦略特区などを活用して後押しをしてきました。

次に、いかに儲けるのかという事になれば「大規模化してコストを下げる」と「高付加価値化して儲ける」の二つの手法があるわけですが、いずれにしても国内の人口が減っていく中で農産物の需要を増やさなければいけない。

だから今後は外需の獲得がものすごく大事になってきます。

「海外需要を取り込む」には流通がカギになる

それは農産物の輸出を伸ばしていくという事なのでしょうか。

私は過去に大田市場の青果仲卸を経営していたので、議員の中でも農産物流通には詳しい方だと思います。農産物の外需獲得には2パターンあります。単純に輸出拡大というやり方もあるし、外需を国内経済にビルトイン(※built-in : 内蔵する)するという新しい方法も考えられます。

例えば、日本国内の主要な国際空港と卸売市場の機能を連結させます。そのような特別な役割を果たす市場では世界各国のバイヤーの参入を可能にし、彼らが農産物を買い付けて自国へ持っていけるようなシステムがあれば、なにも各々の産地が輸出に向けて取り組まなくてもよくなります。

今ある既存の流通の仕組みの中に外需をビルトインするだけでも随分と農業界の景色が変わるでしょう。

農産物流通の成功の肝はいかにして廃棄ロスを減らすかということです。産地が直接輸出に取り組む場合はここが問題になります。例えばイチゴ単品を5トン輸出するとしても、生食用の場合、瞬時に売り捌かなければ腐ってロスになってしまい、受け入れる側も困ってしまいます。市場流通をかませることでロスを合理的にコントロールすることが大事になってくるわけです。



上に戻る